第五回指差呼称大会

令和元年7月2日、3日の2日間にわたり第5回指差呼称大会が開催されました。

7月2日(火) 構内歩行競技部門   エントリー数11名

7月3日(水) クレーン操作競技部門 エントリー数10名

*** 審査結果 ***

『構内歩行競技部門』

【一 位】 工程管理センター 江原 尊皇さん

【二 位】 総務センター   岩﨑 楓香さん

【三 位】 生産技術センター 石川 直樹さん、抜き枠センター  石井 沙也加さん

【三 位】 機械センター   斉木 エリアスさん

『クレーン操作競技部門』

【一 位】 設備保全センター 遊佐 憲司さん、機械センター   田所 真吾さん

【二 位】 検査センター   江口 圭一郎さん、アイティオウセンター 大内 雅俊さん

【三 位】 抜き枠センター  池田 駿さん

 

参加された方全員が、安全への意識を高く持ち取り組みました。

不慣れな作業で緊張状態であっても、”指差呼称”をして一呼吸おくことで正常でクリアな状態に切り替えるために有効な手段です。

「安全は全てに優先する」

毎日全員で続ける事で、意識レベルを上げ、確認の制度を向上させていきましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。